プロフィール

 Hard Floods

Author: Hard Floods
 2001年9月に結成されたModern Jazz Big Band。結成当初のバンド名"破廉恥フェスティバル"から、今もなお「ハレンチ☆」の愛称で親しまれる。
Kenny WheelerやMaria Schneider等の Contemporaryを中心に演奏するが、"楽しければ何でもあり!"がポリシー。
リーマン、教授の卵、主婦、そしてプロミュージシャンをも包含する多様性に富むこのバンドをヨロシク!

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Live Schedule of Hard Floods

 ◆ 10th Anniversary Live
         ~Gratefulness~

    2007年12月22日(Sat)
     @神田Tokyo TUC
    Open 17:00~ Start 17:30~
    Charge \3,000- (当日\3,500-)

    約2年に渡る沈黙を破りお馴染み
    Tokyo TUCにて復活!
    いつもご声援くださるお客様・
    関係者への感謝の気持ちを
    目一杯表現します☆
    今回もContemporary Numberを
    中心に演奏します。
    Hard Floodsの世界を存分に
    お楽しみください♪

Live Schedule of HF Members

 ◆ 2007年9月1日(Sat) ・・・内原
    『まつきり & the G.M.S.』
      @赤坂B-flat
    OPEN 18:30~ START 19:30~
    Charge \2,500(学生\2,000)
    →詳細

 ◆ 2007年9月中 ・・・竹内
    竹内大輔Live Schedule①
    竹内大輔Live Schedule②

 ◆ 2007年9月23日(Sun) ・・・内原
    『N-SQUARE Jazz Orch. &
     DOUBLE FORCE Jazz Orch. 』
      @大阪 Royal Horse
    1st 19:00~ 2nd 21:00~
    Charge \1,800(Drink・Food別)
    →詳細

 ◆ 2007年10月6日(Sat) ・・・宮古島
    『Eri-ito Jazz Orch.』
      @横浜ジャズプロムナード
    START 13:50
    PLACE クロスゲート
    →詳細

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しい家族団欒

さて、昨日BLOGに書いたSUMMER LIVEの後、更に予定がありました。ホントこの間の土日はハードスケジュールだった。。。 楽しかったですけどね

SUMMER LIVEはまだまだ他のバンドが演奏を続けておりましたが、私は後ろ髪を引かれつつも、一足先に退散させていただき下神明へ 下神明は大井町線で大井町から一駅です。別に特別な予定があったわけではなかったのですが、だいぶ前から約束していた私の両親との会食がありました。いつも何かと嫁・子供含め、世話になっているので、その御礼とでも言うんでしょうかね? たまの親孝行をしてみました

伺ったお店は『若竹鮨』

このお店には年に1~2回お邪魔しています。
初めて出会ったのは私が社会人2年目に突入する直前でした(ちなみに今6年目)。会社で私の属するチームが携わっていた大きなプロジェクトが何とか終焉をむかえ、ほっと胸をなでおろしたその日。今やもう4年以上連れ添っているチームリーダーが、「今日は美味いもんでも食いに行こう!」と言って連れてきてくださったのが若竹鮨でした。

このお店、衝撃でした。
普通のどこにでもありそうな住宅街の中に、「ん?ここ鮨屋?」というような決してお世辞にも綺麗とは言えない民家。表にはサッポロビールの看板に店名が記されているくらい。
ところが、出てくるネタは最高に美味しいものばかり カワハギの刺身、北寄貝の炙り、カマの塩焼き、、、そして締めの握り。
そりゃあ酒も進みます。
初来訪の時は、なんとお店にチームリーダーの奥さんがお待ちで、2人で温かく慰労してくださったことをよく覚えています。本当にステキなご夫婦です

さて、今回はというと、もちろん絶品ばかり☆
今回は特に鰯・鰹にやられましたね。再びカマにも再会できました。そして私が仙台出身であることを知ってか知らずか(多分知らない)、ホヤ貝なんていう珍しいものまで。
本当にご馳走様でした
興奮してネタの写真は取り忘れました。ごめんなさい。代わりに嫁さんの携帯でかろうじてご主人をハイチーズ♪
若竹鮨
このご主人、最高です。鮨屋によくいる無口な頑固ジジイとは無縁の存在。いつも軽やかなトークで盛り上げてくださいます。そしてお店に伺うと本当に喜んでくださる。このお店が人気店なのも、美味しいお鮨だけでなく、ご主人の人柄の賜物でしょうね!
またお邪魔します

はやかわ

あ、余談ですけど、ホッキ貝ってウバガイって言うんですね。そして漢字で書くと「北帰貝」とか「来寄貝」とかとも書くらしい。何だか詩情的な感じですね。以上、小ネタでした。
スポンサーサイト

活き活きオジサン達の集い

さて、一昨日のお約束通り、ついこの間の土日にあったイベントを引き続きご紹介

7/22(日)は会社の音楽部のSUMMER LIVEでした。
まあ簡単に言ってしまえば、会社の音楽大好き人間が、社内を中心に(一部社外の方も巻き込みながら)バンドを作って、いくつものバンドが交代しながら5時間ほどぶっ続けのLIVEをやるという代物です。それぞれが思い思いの曲を好き勝手やるもんですから、本当にバンドによって様々。ロック・ファンク・ヘビメタ・ゴスペル・ブルース、、、全く統一感はございません。それはそれで楽しいもんです
もちろん昼間っからお酒が入りますから、みんなとにかくテンションが高い。演奏する側より野次の気合が充実してました

で、私の参加してたバンドは幸いにも、全6バンド中2バンド目の出番だったため、自分達が酔うこともなく、野次(罵声)に煽られることもなく、普通に楽しむことができました

(写真はそのうち☆)

バンド名は『Delicious Funk』。
実は今回がSUMMER LIVEへの参加は2回目で、まだ去年組成されたばかりのバンドなんです。私が入社した時の課長が、非常にカッコいいベーシストでして、この方にお誘いいただいてバンドに参加することになりました。ギターは私の同期で根っからのギター小僧だったり、ピアノは某学バン出身で今もコンボ活動を続けてらっしゃる素晴らしいピアニストだったり、なんだか色々ととても充実しているバンド。
今回の演奏曲目はこんな感じでした。

  1.What's goin' on(Donny Hathaway)
  2.Don't you worry 'bout a thing(Incognito)
  3.Chameleon(Herbie Huncock)
  4.Can't give up now(Mary Mary)
  5.ストーリー(スガシカオ)


ね、取り留めないでしょ?(笑) まあ楽しければ、それで良しということなんです。個人的には沢山の反省点があり、今後の練習に対する大いなる意欲につながったように思います。上達したい限りです。。。
でもこういうLIVEもいいものです。普段会社で、ネクタイ締めて机に向いて頭抱えてたり、打合せで喧々諤々やってる方々が、ステージ上でものすごく活き活きした表情をして、汗にまみれながら弾け飛んでいる姿
残業が多く忙しい会社ですが、久しぶりに健全な場面を垣間見た気がします

はやかわ

黒衣の宝石

なんのこっちゃ、という感じのタイトルですね
昨日の記事で、「ここから数日は、この土日にあったことでもご紹介」と言ってましたが、今日は少し脱線して『お酒』について書こうと思います。

今日ご紹介するお酒は、私が一番大好きなウイスキー。
その名も『Maker's Mark-Black Top』です
『Maker's Mark-Red Top』はご存知の方、見たことがある方も多いんじゃないかな? 印象的な封蝋の施されたボトルです。

Maker's Markに初めて出会った(というか初めて強く意識して味わった)のは、5年くらい前に会社の同期とふらっと迷い込んだ、渋谷マークシティ近くのバーでした。もう残念なことに閉店してしまったようですが、Maker's Markの専門店だったかな。最初にRed Topを味わった時、バーボン特有の深いコクとパンチ力、独特のまろやかさが共存していて、ブランデーにも近いような風味のウイスキーにえらく感動したのを覚えています。
すると「美味しい」と騒いでいる私に、マスターがすっとグラスを渡してくれました。てっきりお代わりだと思ったのですが、この一杯を口に含んだ瞬間、更なる衝撃に襲われました。
私の味覚には、Red Topより強いけれどしつこくない甘さと、更にどっしりとしたコクが感じられたのです。マスターの顔を見ると、『Black Topです』と言って、黒い封蝋・黒いラベルのボトルを差し出してくれました。この瞬間から私はこのお酒の虜です。
Black Topは1995年に日本で限定発売されたそうです。現社長が自分の父親の作ったRed Topを超えるべく長年を懸けて作り出したとのこと。アルコール度数もRed Topの45.0%に対し、Black Topは47.5%なんですよね。この後、他のバーで聞いた話ですが、Black Topはウイスキーを水割りで飲む日本人のためにアルコール度数を強めたとか。この話の真偽は不確かですが、もちろんそのBlack Topをロック or ストレートで飲むのが美味しいと思ってしまう私です(笑)。

そんな思い入れの強いBlack Top。実は2004年頃に生産中止を迎えてしまいました。原酒が不足しRed Topの供給を増やすため、止むを得ずとのこと。今我が家に風前の灯で残っているBlack Topは、廃版後に偶然、横浜元町の小さい酒屋で在庫を発見し購入したもの。その後、どこのお店でも見当たりません(ネットオークションにはたまに出てますね)。
まさに私にとっては“黒衣の宝石”なわけです。
Maker’s Mark Black
あ、昨日の最後の写真で、宮古島と私の間に写り込んでましたね!

今でも運がよければ、在庫のあるバーで飲むことができます。年に1回くらい出会えるかな? もしまだBlack Topが飲めるお店、ご存知の方いらっしゃったら、教えてくださいね☆

はやかわ

U-TA-GE

この土日はイベント盛り沢山で、何やら非常に忙しくなってしまい、ネタは豊富にあるのに、BLOGにUPするタイミングを逸してしまっておりました。そんなわけで、ここから数日は、この土日にあったことでもご紹介いたしましょうかね

7/21(土)は我が家で新婚さんを迎えてのお祝いパーティーがありました。新婚さんが誰かって?

そりゃあ、ハレンチ隊長の宮古島さんに決まってるじゃないですか☆
6/23にステキな結婚式&二次会が催され、二次会のWedding Liveでは、るーびーラバーズの皆さんがゴージャスな演奏をご担当、そしてなんと自分も二次会の司会を任せていただくという身に余る光栄♪
とっても幸せいっぱいの温かい雰囲気に包まれて、なんだかこちらまでHappyになっちゃいました
というわけで、二次会後に、宮古島夫妻とウッチー&私でハイチーズ!
宮腰結婚式
しかし、、、ウッチー痩せたなぁ 気味悪っ(笑)。

さて、その時から、「落ち着いたら我が家で宴でも!」という話をしてたのですが、宮古島は今仙台在住。私もなんだかドタバタの日々ということもあり、やっと1ヶ月近く経過した先週の土曜日に実現したのです。
ホームパーティーってのは楽しいね。気兼ねなく飲みまくれるし、わいわい騒いでもヘイキだし(多分)。
この日の宴も当然のごとく飲みまくりました。宮古島と私が揃ってしまうと、まあ大体こういうことになっちゃうんですが。。。
えー、本日のメニューでございます。
  ・ビール(もちろんクラシックラガー 350ml) ×5本
  ・スパークリングワイン(Jacob's Creek フルボトル) ×1本
  ・日本酒(蔵王-昇り龍 4号瓶) ×1本
      ↑ 宮古島、ステキなお土産ありがとう!
  ・コニャック(Lemy Martin V.S.O.P) ×2杯ずつ
  ・ウイスキー(Maker's Mark Black Top) ×2杯ずつ
くらいだったかね、宮古島?そりゃー、次の日も酒が体に残るわね。。。
蔵王昇り龍
でも蔵王の昇り龍、これは美味しかった!さすが宮古島先生が仙台で試飲してきただけのことはありました。今度宮古島先生に、仙台のお酒事情でもレポートしてもらおうかね?(笑)
もちろん私の思い入れが深いお酒も、今後紹介していきますね♪
そして、男二人のグタグタトークと我が家のガキんちょの遊びに付き合ってくれた宮古島の奥さんと、この量のお酒に応じれるだけの美味な手料理をサーブしてくれたうちの嫁さんに感謝 m(._.)m

そんなわけで、新婚さんのLOVE×2なオーラと美味しいお酒を溺れるほどに浴びた一日でした
ちなみに宮古島の奥様はとってもステキな方です。お美しくて、気立てがよくて。早川家は嫁・子供・自分の3人とも、メロメロにノックアウト!
えー、宮古島にはもったいないです(笑)
アホ2匹

はやかわ

ひとりカラオケ

ここ数日色々慌しく、なかなか更新できないので少しだけ

普段カラオケはあまり好きなほうではないんですが、ここ3日間、ぶっ続けで夜中に“ひとりカラオケ”してます。なんかこれだけ読むと、とっても寂しい人間みたいですね。あながち間違ってないかもしれませんが。。。

もう今週末に迫ってしまった会社の音楽部のLIVE。そのリハビリのために、ひとりコソコソSAXの闇練しているわけです。やはり半年のブランクはなかなかデカいもので、楽器のコントロール然り、曲に対するイメージ然り、色んなものがニブニブちゃんになってます。
そんなわけでここ数日、夜の1時半過ぎに帰宅しては、それから1~2時間カラオケ通いの日々。そりゃ眠いわね

ちなみに店員のバイトさんには相当怪しい人だと思われていますね。店に入ると、明らかに「あ、また来た」って目をしますから(笑)。

今から会社の昼休みを活用して仮眠しよっと。おやすみなさい

はやかわ

☆ 10th Anniversary LIVE 日程決定 ☆

皆さま、長らくお待たせいたしました
いよいよ次回ライブ日程の決定です

2007年12月22日(Sat)  @神田Tokyo TUC
OPEN 17:00~  START 17:30~
『10th Anniversary LIVE (Sub Title 未定)』


今回もいつもお世話になっているTokyo TUCで演奏させていただきます。久々のLIVEで、なんと記念すべき10回目のワンマンライブです。
今から既に興奮気味です

曲目はいつもの通り、コンテンポラリーを中心に、様々なジャンルの曲を取り揃えてお送りします(ていうか、まだ決まってません)。
もちろん10回記念ならではのイベントも考えていけたら嬉しいな、と思っています。何か考えなきゃ。。。
また詳細の情報(Charge・出演メンバー等)や予約方法等が決まりましたらご連絡いたしますので、皆さまお誘い合わせのうえ、ぜひぜひお越しくださいね☆

さて、メンバーのみんな、気合を入れて頑張りましょう!

はやかわ

久々のバンド練習。。。

最近、とんとバンド活動に疎くなってしまっていた自分ですが、今日久々にバンドの練習に行ってきました。
今月の22日(ていうか、もう1週間切っちゃったか)、会社の音楽部みたいなもののサマーライブなるものがありまして、そのうちの1つのバンドに出るんです。

なんだか、ここ半年近くまともに楽器吹いてなかったんですが、こりゃやばい(汗)。ちょっとマジで練習せにゃやばい。。。なんだか色々イメージもわかないし、そもそも楽器自体がくそ下手っぴになっている。まあこれだけ吹かなきゃ当たり前か。

反省してこれからはちゃんとコンスタントに楽器をいじります。

また明日紹介しますが、ライブ日程が決まりました☆
気合入れて望みますので、是非お楽しみに!

はやかわ

Hard Floodsという名前

今日は『Hard Floods』というバンド名についてご紹介

昨日の“Hard Floodsの歴史”にも記載しましたが、当初のバンド名は違いました。
実はさらに詳しく言うと、最初の最初はバンド名がなく、1回目の学園祭LIVEには『早川バンド(仮)』という、どうでもいいような名前で出演していたんです。それが2回目の学園祭LIVEを前に、その後もこのバンドを続けていく方向性が見え始め、さすがにバンド名を決めなきゃねっていう話になったんですね。

メンバーに候補名を募りました。
ひどいのしか出てこなかった。。。

1つだけ真面目なのがありました。アメリカに留学した前の正ドラマーがつけてくれた名前『Universe』。
1つしか真面目なのがなかったので、逆にこれがとっても違和感を覚え、結局候補から外してしまったのが運のツキ。
結果はご存知『破廉恥フェスティバル』になりました。だって他にあったのが『ランランバプバプバンド(Iガラシ作)』とか『チャーシュー祭り(Sもん作)』しかなかったから。。。
でも覚えやすいインパクトのある名前だから、いいかなとか思っちゃったんですよね(汗)。

よく聞かれるのが、“何で改名したの?”って話。
答えは簡単。オフィシャルな宣伝ができなきなかったから(苦笑)。お世話になっているTokyo TUCさんは、我々のLIVEを様々な雑誌の告知欄に載せて下さいました。それで、さすがにこの名前はまずかろうと。。。
でも親心っていうんですかね。なんだか『破廉恥フェスティバル』っていう名前を失うのが悲しかったんです。そこで何か痕跡を残せないか考えて作られたのが今のバンド名です。

設立当初からの想いと名前。
押し寄せる迫力・うねるグルーブ・お客様を飲み込めるような豪快なエンターテイメント、そして破廉恥フェスティバルのイニシャル「H」と「F」。

それを兼ね備えるべく生み出されたのが『Hard Floods』です
Floodを複数形にしたのは、17名のメンバー全員から繰り出される全ての音を大切にしたかったから。
なーんて、実は色んな意味が込められてるんです。ここまで話したのは多分初めてだろうなー。

だから、『Hard Floods』っていう名前はとっても大事なんです。メンバーにも、そして自分にもハレンチっていう愛称のほうが馴染んでるけど。。。もちろんこの愛称もずっとずっと大事にしていきたい。どっちも大好きなんです♪
だから皆さん、愛情込めて呼んであげてください。ハレンチ☆って

はやかわ

Hard Floodsの歴史

今日は我々のバンド『Hard Floods』についてご紹介

Hard Floodsは2001年9月に結成されたビッグバンドです。もう今となっては6年近く前のことになりますが、某大学にある2つの違うビッグバンドに所属してテナーを吹いていたボクとIガラシが、一緒に吹きたいねと言い始めて結成したのがこのバンドだったんです。
そしてお互いに、自分達が今まで付き合ってきたバンド仲間に声をかけ、日吉の音楽練習室に集結したのです。

初演となった学園祭での2ステージを経て思ったこと。
それは『こんなバンド、これで終わらすのもったいない!』という興奮
ボク自身、こんなすごいメンバーが集まって、こういうLIVEができることをもっと楽しみたいという欲が出始めたんでしょうね(笑)。
ただ衝撃的なこともありました。。。
バンド名が『破廉恥フェスティバル』に決まってしまったこと
まあ何ていうか、、、成り行きで。
結果的にはいまだにお客様からも『ハレンチ』の愛称で親しまれている(?)から、まあいいのかな。

そうして3回目のLIVE会場にTokyo TUCを使わせていただいたとき、ブッキングマネージャーの田中氏にお声掛けいただき、それ以来TUCを根城にして活動しています☆まあその後、改名することとなって、今の『Hard Floods』に落ち着いたわけですな。
バンド結成以降、メンバーの変更やそれぞれの環境の変化も色々ありつつ、それでもこのバンドを続けていられるのは、本当にメンバーみんなの協力と、何よりお客様の温かい声援があったからこそ
本当に皆さまに感謝多謝です。

次回の10回目のLIVEも、この歴史を経て培われてきたハレンチらしさを、お客様に存分に楽しんでいただけるよう頑張ります。
9th LIVE 集合写真

BLOGでも今後、バンド名の由来とか、活動の履歴とか演奏している曲とかを、じゃんじゃん紹介していきますね。さて、では嫁と酒でも飲みますか。おやすみなさい☆
しかし、、、懐かしいね♪

はやかわ

鋭意調整中

ただ今、次回LIVEの開催日を調整中。
当たり前のことだけど、メンバーのみんなと連絡を取り合って改めて思います。本当にみんな忙しいんだなー、と
とあるメンバーはヨーロッパにツアーで行ってたり、国内・国外問わず周囲の期待を背負って遠方に旅立ったり、、、

でもそうやってみんなが自分の道で努力し、活躍していることはすごく嬉しい。さらにその中でも、何とかやりくりしてバンドを続けてくれることがさらに嬉しい

次回LIVEもガツンと頑張っちゃいましょう!おそらくクリスマス付近に決定しそうです
みなさん、是非聞きに来てくださいね。
LIVEの日程が確定したら、またUPしまーす☆

はやかわ

☆ HARE-BLO開設 ☆

いよいよHard FloodsのBLOG『HARE-BLO』をオープンします

2006年1月28日の9th Live "EASTER!"から、約1年半、リーダーが仕事&諸々の都合で忙殺され、別に意図したわけではないのですが、事実上の活動休止状態になってしまっておりました。
が、この度、いよいよリーダーの準備も整ってきましたので、次回Liveに向けて始動します

その始動にあたり、Hard Floodsおよびメンバー達のライブスケジュールや、日々の出来事や想いを紹介していけるようにBLOGを立ち上げました。基本的にはリーダーが不定期に更新していきますが、メンバーにもちょこちょこ登場してもらおうと思いますので、お楽しみに!
お立ち寄りの方は、ぜひコメントなぞ残していただけると嬉しいです

というわけで、本日より更新を開始していきますので、
皆さま、ぜひ『HARE-BLO』をよろしくお願いします
あ、もちろんHard Floodsも応援してね

画像の実験

添付してみた。
集合写真

どんな感じに見えるかな? 大きさもいい感じかな?
ていうか、この写真、懐かしい。。。
TUCでベイシートリビュートやらせてもらった時のだね。

携帯からも

チャレンジ
絵文字もいけるかな?

さらに実験!

いけるかな???

実験中

とりあえず載せてみる。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。