プロフィール

 Hard Floods

Author: Hard Floods
 2001年9月に結成されたModern Jazz Big Band。結成当初のバンド名"破廉恥フェスティバル"から、今もなお「ハレンチ☆」の愛称で親しまれる。
Kenny WheelerやMaria Schneider等の Contemporaryを中心に演奏するが、"楽しければ何でもあり!"がポリシー。
リーマン、教授の卵、主婦、そしてプロミュージシャンをも包含する多様性に富むこのバンドをヨロシク!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Live Schedule of Hard Floods

 ◆ 10th Anniversary Live
         ~Gratefulness~

    2007年12月22日(Sat)
     @神田Tokyo TUC
    Open 17:00~ Start 17:30~
    Charge \3,000- (当日\3,500-)

    約2年に渡る沈黙を破りお馴染み
    Tokyo TUCにて復活!
    いつもご声援くださるお客様・
    関係者への感謝の気持ちを
    目一杯表現します☆
    今回もContemporary Numberを
    中心に演奏します。
    Hard Floodsの世界を存分に
    お楽しみください♪

Live Schedule of HF Members

 ◆ 2007年9月1日(Sat) ・・・内原
    『まつきり & the G.M.S.』
      @赤坂B-flat
    OPEN 18:30~ START 19:30~
    Charge \2,500(学生\2,000)
    →詳細

 ◆ 2007年9月中 ・・・竹内
    竹内大輔Live Schedule①
    竹内大輔Live Schedule②

 ◆ 2007年9月23日(Sun) ・・・内原
    『N-SQUARE Jazz Orch. &
     DOUBLE FORCE Jazz Orch. 』
      @大阪 Royal Horse
    1st 19:00~ 2nd 21:00~
    Charge \1,800(Drink・Food別)
    →詳細

 ◆ 2007年10月6日(Sat) ・・・宮古島
    『Eri-ito Jazz Orch.』
      @横浜ジャズプロムナード
    START 13:50
    PLACE クロスゲート
    →詳細

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒衣の宝石

なんのこっちゃ、という感じのタイトルですね
昨日の記事で、「ここから数日は、この土日にあったことでもご紹介」と言ってましたが、今日は少し脱線して『お酒』について書こうと思います。

今日ご紹介するお酒は、私が一番大好きなウイスキー。
その名も『Maker's Mark-Black Top』です
『Maker's Mark-Red Top』はご存知の方、見たことがある方も多いんじゃないかな? 印象的な封蝋の施されたボトルです。

Maker's Markに初めて出会った(というか初めて強く意識して味わった)のは、5年くらい前に会社の同期とふらっと迷い込んだ、渋谷マークシティ近くのバーでした。もう残念なことに閉店してしまったようですが、Maker's Markの専門店だったかな。最初にRed Topを味わった時、バーボン特有の深いコクとパンチ力、独特のまろやかさが共存していて、ブランデーにも近いような風味のウイスキーにえらく感動したのを覚えています。
すると「美味しい」と騒いでいる私に、マスターがすっとグラスを渡してくれました。てっきりお代わりだと思ったのですが、この一杯を口に含んだ瞬間、更なる衝撃に襲われました。
私の味覚には、Red Topより強いけれどしつこくない甘さと、更にどっしりとしたコクが感じられたのです。マスターの顔を見ると、『Black Topです』と言って、黒い封蝋・黒いラベルのボトルを差し出してくれました。この瞬間から私はこのお酒の虜です。
Black Topは1995年に日本で限定発売されたそうです。現社長が自分の父親の作ったRed Topを超えるべく長年を懸けて作り出したとのこと。アルコール度数もRed Topの45.0%に対し、Black Topは47.5%なんですよね。この後、他のバーで聞いた話ですが、Black Topはウイスキーを水割りで飲む日本人のためにアルコール度数を強めたとか。この話の真偽は不確かですが、もちろんそのBlack Topをロック or ストレートで飲むのが美味しいと思ってしまう私です(笑)。

そんな思い入れの強いBlack Top。実は2004年頃に生産中止を迎えてしまいました。原酒が不足しRed Topの供給を増やすため、止むを得ずとのこと。今我が家に風前の灯で残っているBlack Topは、廃版後に偶然、横浜元町の小さい酒屋で在庫を発見し購入したもの。その後、どこのお店でも見当たりません(ネットオークションにはたまに出てますね)。
まさに私にとっては“黒衣の宝石”なわけです。
Maker’s Mark Black
あ、昨日の最後の写真で、宮古島と私の間に写り込んでましたね!

今でも運がよければ、在庫のあるバーで飲むことができます。年に1回くらい出会えるかな? もしまだBlack Topが飲めるお店、ご存知の方いらっしゃったら、教えてくださいね☆

はやかわ
スポンサーサイト

<< 活き活きオジサン達の集い | ホーム | U-TA-GE >>


コメント

いやほんと

おいしくいただきました。
以前からred topは愛飲しているのですが、
これはひと味違います。
これを出しているお店があったら教えてください。

宮古島は仙台に来てから一人飲み歩くことが増えて、
バーをハシゴするのが趣味になってしまいそうです。
この間は店には客がいなくなってもついつい僕とバーテンとマスター三人でお酒やら音楽の話を閉店まで続けてしまいました。
Laphroaigの10年、15年、そして希少な6年(57.2%!!)をいただきました。

余談ですがその店に行く前には、本職のほうで知り合ったトンペイ大のジャズ研OBの紹介で、とあるジャズバーにいって現役トンペイ大ビッグバンドのコンマすと知り合いになりました。
最近は合奏にもお邪魔しちゃったりして、着々とリハビリを続けております。

ビータ

やっぱりこりゃ仙台ビータ行かなきゃダメだな。来年早々くらいに企画するか?

確かにLaphroaigの6年は聞かないね。今度行きつけのバーで聞いてみよ☆
オレも最近、一人でバーにいることがたまにあります。
赤坂にすごく居心地の良いお店があって、いろんなお酒のことを教えてくれるんで、楽しくてつい。。。
最近はブランデーの楽しみ方を教えてもらっちゃいました。
今度このBLOGでも紹介します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ストレートの感動

c・バーボン・脳の裏が激痛(謎・スタンドバーで、バーボンを愛飲していたのは誰だったかな・アブサン・番組ガイド:「対決ランサー牧場」・OLMECA・レベッカ・ テキーラ・ワッセンズ・おいしいお酒の話 その2 バーボン(ラ・ラ・ラ♪)ちょっと見辛


メーカーズ マーク レッドトップ 750ml

ここ20年来の付き合いです(笑)飲んでいるとやはり安心しますし、時たま昔の思い出が走馬灯のように……。これからも大切にしたいお酒です。昔は税等の関係で、ウイスキーが高く、またメーカーズマークは品薄で、出国時ぐらいしか買えなかったので、この値段でネットで買える


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。