プロフィール

 Hard Floods

Author: Hard Floods
 2001年9月に結成されたModern Jazz Big Band。結成当初のバンド名"破廉恥フェスティバル"から、今もなお「ハレンチ☆」の愛称で親しまれる。
Kenny WheelerやMaria Schneider等の Contemporaryを中心に演奏するが、"楽しければ何でもあり!"がポリシー。
リーマン、教授の卵、主婦、そしてプロミュージシャンをも包含する多様性に富むこのバンドをヨロシク!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Live Schedule of Hard Floods

 ◆ 10th Anniversary Live
         ~Gratefulness~

    2007年12月22日(Sat)
     @神田Tokyo TUC
    Open 17:00~ Start 17:30~
    Charge \3,000- (当日\3,500-)

    約2年に渡る沈黙を破りお馴染み
    Tokyo TUCにて復活!
    いつもご声援くださるお客様・
    関係者への感謝の気持ちを
    目一杯表現します☆
    今回もContemporary Numberを
    中心に演奏します。
    Hard Floodsの世界を存分に
    お楽しみください♪

Live Schedule of HF Members

 ◆ 2007年9月1日(Sat) ・・・内原
    『まつきり & the G.M.S.』
      @赤坂B-flat
    OPEN 18:30~ START 19:30~
    Charge \2,500(学生\2,000)
    →詳細

 ◆ 2007年9月中 ・・・竹内
    竹内大輔Live Schedule①
    竹内大輔Live Schedule②

 ◆ 2007年9月23日(Sun) ・・・内原
    『N-SQUARE Jazz Orch. &
     DOUBLE FORCE Jazz Orch. 』
      @大阪 Royal Horse
    1st 19:00~ 2nd 21:00~
    Charge \1,800(Drink・Food別)
    →詳細

 ◆ 2007年10月6日(Sat) ・・・宮古島
    『Eri-ito Jazz Orch.』
      @横浜ジャズプロムナード
    START 13:50
    PLACE クロスゲート
    →詳細

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1st set No.3 "The One Step"

さてさて、今日は3曲目です。

この曲は今回、初挑戦の曲でした
選曲というのはなかなか難しく、当たり前のことですが、LIVE全体のバランスを考えながら決めていく必要があります。
曲の雰囲気とか、何曲目に演奏するかとか、今までのレパートリーと新曲をどのように織り交ぜるかとか。。。 当然、演奏する曲の雰囲気が似通えば単調でつまらない。曲の並べ方次第でLIVEの流れも変わるし、ソリストのバランスや楽器の持ち替えも考える必要がある。新曲が多すぎると曲を煮詰めきれないし、レパートリーが多すぎるのも変わり映えがしなくて面白くない。

でもやっぱり私のやりたい曲だけでなく、メンバーからも色んな新曲の提案がほしい。そして演奏する曲すべてを、メンバーが一様に愛して、真摯に向き合っていきたい。

ね、難しいでしょ?(笑)
最後に曲を決めるのは、やはりリーダーである自分の判断なのですが、こんな感じで色々悩みが多いからこそメンバーの中でも、色んな議論を繰り返していく。

実は3曲目に選んだ“The One Step”は、そういった議論やメンバーの提案の賜物と言っても過言ではありません
提案してくれたのは、うちのバンドの若手ホープ、服部くんです
確か三軒茶屋での練習後の飲み会だったと思います。曲の構成について、私がこんな話をしました。
「LIVEを構成していくうえで、落ち着いたMedium Swingの曲が1曲欲しい。でも全体のバランスを崩さないように、新しめのサウンドをした曲を探している。それでいて、Hard Flodsらしさにはまっている必要がある。」
これだけでも非常に贅沢な要求です。
そのとき服部くんが、「この曲どうですか?」といって、iPodを差し出してくれたのです。その曲こそChick Coreaのナンバー“The One Step”でした。しかもこの曲をPeter Herbolzheimerにより、ステキなビッグバンドアレンジに仕上がっているではないですか
聴いた瞬間に「この曲やろう!」 即決です☆

この曲のアレンジは、テーマをフルート・ギター・ベースが可愛らしく奏で、その旋律をなぞるようなセクションワーク・バッキングが入り、続いて美しく軽快なソロが、イケメンギタリスト池田雄一の手から紡ぎ出されていきます。ここから雰囲気は一転 倍転したリズムに乗せてトランペット内原の元気なソロが展開し、テンションが最高潮に達したところで、Tuttiに突入
やはり最難関はこのTuttiでした。スピード感抜群の勢いあるフレーズを、“The One Step”のCuteな雰囲気を壊さずに仕上げる。なんともラッパ隊泣かせの曲ですな メンバーみんな、よく練習してくれましたね もっと練習してください(笑)

あ、もしかしたら最難関はTuttiじゃないかも。
テーマかも。ね、志門さん!

えー、ネタバレさせますと、この曲のテーマで必要となるフルート、実はLead Alto Saxの譜面に書いてあるんですね。最近フルートの練習に熱心な志門さん。「オレやるよ」と勢いづいてくださいました。しかしなかなか譜面の難易度が高い。。。結果として、ヨーロッパ遠征中にしっかり練習して、帰ってきたらオーディション(?)的な話に。
で、当日リハーサルをしていると、なんと3rd Altoの曷川も同じ旋律をフルートで吹いているではないか ここで志門氏の一言。

「いい感じに溶け合って聞こえるでしょ?」

こらこら。約束違うし。。。
でも私も鬼ではありません。まあいいか、と認めてしまいました
と、書いていて今気付きました。もともと曷川が吹いていた3rd Altoの譜面って、本番では誰が吹いたんだろう。。。
え??? 誰も吹いていない???

???

。。。

ま、いっか

はやかわ
スポンサーサイト

<< 1st set No.4 "My Lament" | ホーム | 1st set No.2 "Moanin’" >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。